Like

FB英語版で「いいね」はLike。親指を上に向けたアイコンは共通。

ネット上では、日本語版の「いいね」は物が主語だから"It is nice," 英語版の「Like」は人が主語だから"I like it"などと、微妙なニュアンスの違いを議論していますが、元々英語版があって、日本語版はその翻訳でしょうから、そのような議論に意味があるのかどうか。

それよりも、自分はLikeを「いいね」と訳したことに感心します。名訳だと思います。

それは”結果的に”という意味もあるのですが。

何故って、「いいね」、「そだね」(byカー娘)

韻を踏んでいるでしょ。偶然ですけど。
posted by okamoto at 12:18Comment(0)余話

Fields of Gold (2012/1/19)

            Oh oh oh

            You'll remember me when the west wind moves

            Among the fields of barley

            You can tell the sun in his jealous sky

            When we walked in fields of gold

                      So she took her love for to gaze a while

                      Among the fields of barley

                      In his arms she fell as her hair came down

                      Among the fields of gold

                                Will you stay with me, will you be my love

                                Among the fields of barley

                                And you can tell the sun in his jealous sky

                                When we walked in fields of gold

           I never made promises lightly

          There have been some that I've broken

          But I swear in the days still left

          We will walk in fields of gold

          We will walk in fields of gold

                         Oh oh oh

                         Many years have passed since those summer days

                         Among the fileds of barley

                         See the children run as the sun goes down

                         As you lie in fields of gold.

                                       You'll remember me when the west wind moves

                                       Among the fields of barley

                                       You can tell the sun in his jealous sky

                                       When we walked in fields of gold

                                       When we walked in fields of gold

                                       When we walked in fields of gold

       Fields of gold:黄金色に輝く畑。収穫間近のたわわに実った稲や麦の畑。ここでは大麦(Barley)畑。

黄金色の麦畑に西風が吹いたら、僕のことを思い出してくれるかい。

黄金色の麦畑を歩いたあの時のこと、じっと僕たちのことを見ているあの空の太陽に教えてやろうよ。

黄金色の麦畑で、君は僕をじっと見つめ、

そして、僕の腕に身を任せて、黄金色の麦畑に、髪の毛をなびかせたね。

僕と一緒にいてくれないか。恋人になってくれないか。

黄金色の麦畑を歩いた時のこと、じっと僕たちのことを見ているあの空の太陽に教えてやろうよ。

僕は、これまで軽率に約束をすることなんかなかったけど、

そして、何度か約束を破ったこともあるけど、

でも、これからは、約束は絶対に守るから。

       だから、これから黄金色の麦畑を一緒に歩いていこうよ。

       黄金色の麦畑を一緒に歩いていこうよ。

黄金色の麦畑を歩いたその夏の日から、ずいぶん年月がたってしまった。

黄金色の麦畑に寝そべって、そして、見てごらん。子供たちが夕日の中を走っていくよ。

黄金色の麦畑に西風が吹いたら、僕のことを思い出してくれるかい。

黄金色の麦畑を歩いたあの時のこと、じっと僕たちのことを見ているあの空の太陽に教えてやろうよ。

        黄金色の麦畑を歩いたあの日のことを

        黄金色の麦畑を歩いたあの日のことを

        黄金色の麦畑を歩いたあの日のことを

Thank in advance the creator of this Youtube video clip, and the proprietary of this song as well, for permitting me to post it on my blog to pay tribute to Eva and share the songbird's angel voice with others.

posted by okamoto at 18:05Comment(0)余話

Danny Boy (2011/2/7)

     From glen to glen, and down the mountain side

     The summer's gone, and the roses falling

    'Tis you, 'tis you must go and I must bide

     But come ye back when summer's in the meadow

     Or when the valley's hushed and white with snow

     'Tis I'll be here in sunshine or in shadow

     Oh Danny boy, oh Danny boy, I love you so

         And when you come, and all the leaves are dying

        If I am dead, as dead I well may be

        You'll come and find the place where I am lying

         And kneel and say an "Ave" there for me

         And I shall hear, tho' soft you tread above me

        And all my grave will warmer, sweeter be

         For you will bend and tell me that you love me

         And I shall sleep in peace until you come to me

   おー、ダニーよ。

   バグパイプの笛の音が谷から谷へ、そして、山をつたって聞こえてくるね。

   夏が終わり、薔薇の花が散ったら、お前は行かなければならないのだね。

   そしたら、私はじっと我慢してお前の帰りを待つしかないのだね。

   でも、また、つぎの夏がきて草が茂りだしたら、必ず戻っておいで。

   それがだめなら、谷間に雪が積もり、静寂が訪れる頃には、必ず戻っておいで。

   私は、ここで、晴れの日も、雪の日も、お前を待っているから。

   おー、ダニーよ。愛しているよ。

     でも、お前が戻った時には、木葉が落ちて、

     私はもう、死んでいるかもしれない。

     そしたら、私のお墓を探しておくれ。

     そして、膝まづいて、声をかけておくれ。

     お前がどんなに静かに歩いても、私は必ず、お前のことに気づくから。

     私のお墓に近づいて、そして、私を愛していると言っておくれ。

     そして、私をやさしく温めておくれ。

     私は、お前が帰ってくるまで、ここで、安らかに眠っているよ。

約1世紀前に書かれた、この歌は、アイルランド民謡と思われているが、厳密にはそうでもないようだ。

イギリス(イングランド)人が書いた詩を、たまたま、アイルランド民謡”Londonderry Air"(ロンドンデリーの歌)のメロディーに乗せてリリースしたら、アメリカでヒットしたということらしい。

詩の内容は、元々は、女性から男性に向けての恋の歌だそうであるが、出兵する子供(孫)に向けて語りかける親(祖父母)の歌としても歌われている。

アメリカとカナダでは、アイルランド系アメリカ人、アイルランド系カナダ人が葬儀の時に歌うそうだ。

また、消防隊の楽団(fire department band)が殉職した仲間(fallen fire-fighter)を送る時にも演奏するそうだ。

センチメンタル(sentimental)でビタースイート(bittersweet)なメロディーと、そして、近しい人間を慕い、慈しむ内容の歌詞が、高い尊敬を受け、愛されている消防士を追悼する歌として、ぴったりだ。

それにしても、Eva Cassidyの「ダニーボーイ」はすごい。

彼女の歌は、この歌に限らず、アコースティックギター1本の伴奏のものが非常に多い。しかも、彼女自身が弾いているはずである。

I thank, in advance, the creator of this video clip, and the proprietary of the song as well, for permitting me to post it on my blog to pay tribute to Eva and make her known to as many people as possible 

Autumn leaves (2011/1/4)

         The falling leaves drift by my window

         The falling leaves of red and gold

          I see your lips the summer kisses

         The sunburned hands I used to hold

         Since you went away the days grow long

         And soon I'll hear old winter's song

         But I miss you most of all my darling

         When autumn leaves start to fall

      枯葉が窓の外をひらひら落ちていきます。

      赤と黄金色の枯葉が窓の外をひらひら落ちていきます。

      夏の日に口づけをくれた貴方の唇を思いだします。

      いつもつないでいた貴方の日焼けした手を思いだします。

      貴方が行ってしまってから、もう、ずいぶんと日が経ってしまいました。

      もうすぐ、いつもの冬の歌が聞こえてきます。

      枯葉が落ち始めると、貴方が恋しくなります。

この邦名「枯葉」の名曲をカバーしているEva Cassidyはがん(malignant melanoma(悪性黒色腫))で33歳という若さで1996年に逝ってしまいました。

アメリカ人ですが、ヨーロッパでの知名度の方が高かったようです。日本でもアメリカでも、まだ、十分に知られない内になくなってしまいました。

勿論、この歌はフランスの歌ですから英語も翻訳です。最後のautumn leaves start to fallが.....begin to fallとなっている歌詞を見つけました。殆どがstartですが1956年にドリス・デイが歌ったバージョンだけがbeginでした。何故、この部分だけが違っているのか不思議です。言葉の流行り、すたれのようなことでしょうか。言葉は難しいですね。

Wishing the creator of this YOUTUBE movie would permit me to use it on my blog to spread the beautiful voice of Eva Cassidy and make her known to as many people as possible

続きを読む

posted by okamoto at 18:00Comment(0)余話

Fair and Tender Ladies (Tiny Sparrow) (2014/3/20)

Come all you fair and tender ladies

Take warning how you court young men

They're like a star on a cloudy morning

First they'll appear and then they're gone

        They'll tell you some loving story

        They'll swear to you that their love is true

        Straight they'll go on

        And they'll court some other

        That's the love they have for you

                Oh don't you remember our days of courting

                You told then that you loved me best

                You could make me believe

                If I fell out of your arms

                That the sun rose in the west

                          I wish I was some little sparrow

                          and I had wings and I could fly

                          I'd fly right by to my false true lover

                          when he's talking I'd deny

                                     but I am not some little sparrow

                                     and I've no wings and I can't fly

                                     so stay right here

                                     in my grief and sarrow

                                     and let my times pass me by

美しく優しい御嬢さん達

若い男には注意なさい

彼らは夜明けの曇り空に輝く星のように、現れては消えていくの

      彼らはあなたに愛をささやき、そして、その愛が真実であると誓うけど

      舌の根も乾かないうちに別の女性のところへ行って、また、愛をささやくのよ

      それが彼らのやりかた

            あなた、私たちの愛の日々を覚えてますか

            あなたはわたしのことを一番愛してるって言ったでしょ

            あなたは、君を失ったら太陽が西から上ってしまうよと言ったでしょ

            わたしはそれを信じたわ

                  わたし、小さなスズメになって、羽根をつけて、飛べるようになりたい

                  そして、今すぐ、偽りの愛でもいいから、あなたのところへ飛んでいきたい

                  あなたに会えたら、わたし、求められたら何も拒めないわね、きっと

                         でも、わたしはスズメじゃないし、羽根もないし、飛ぶことはできないの

                         だから、ここにとどまって悲しみに沈んでいるわ

                         そして、一人、時が過ぎるのを待つわ

原題はPPMバージョンのTiny Sparrow (小さなスズメ)。アメリカの古い歌。The Rankin Family(ランキンファミリー)はカナダのファミリーグループ。The Whites(ホワイト家)はアメリカのファミリーグループ。PPMのボーカルのマリー・トラバースは数年前に他界。ホワイト家の3人の女性ボーカルは、信じられないくらい声質が似てる。さすがファミリーである。でも、多分、左の二人が姉妹で、右端の女性は従妹かなにか(よく分らない)。でも、三人ともほんとに声質が似ていて、映像がなければメインボーカルは一人かと思うほど。ホワイトファミリーの遺伝子は強そうである。眼鏡をかけているところも遺伝的特性の故でしょうか。

Thank in advance the creator of these Youtube video clips, and the proprietary of this song as well, for permitting me to post it on my blog to pay tribute to these songbirds' angel voices and share them with others.

The Rankin Family's version

PPM's version

The Whites' version

 

続きを読む